純文学「私は一週間前に死んだ篠島が歩いていた」←は?

 
1 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:11:00.44 joBFAAzS0.net
わけわからんわ
2 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:11:23.86 joBFAAzS0.net
シンプルに文法がおかしいやん・・・
3 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:12:13.93 joBFAAzS0.net
純文学界隈では有名な一節だそうな
5 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:14:11.00 LXjneY9+0.net
その後に続く文章にもよるやろ
例えば

歩いていた場所に立っていた

とかやったら意味通じるやろ

6 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:15:02.88 joBFAAzS0.net
>>5
いやこれ文末やねん
7 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:15:59.69 pRkWcuVHp.net
未明の闘争か
9 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:16:25.18 joBFAAzS0.net
>>7
文学に自信ニキか?
これって作者が公式になんか説明出したりしてないん?
8 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:16:03.77 lxxiqXgo0.net
「西武百貨店の手前にある「ビックリガードの五叉路」と呼ばれているところで、私は一週間前に死んだ篠島が歩いていた。」…まず冒頭のこの文章で悩んでしまうのだが、読み進めると、無性に大切なものを抱きしめたり、眠ったり、子供の頃を思い出したり、セックスしたり、何処か知らない所に行きたくなる。チェーホフ、宮沢賢治、小島信夫、セシル・テイラー、三上寛に彩られたこの小説は、今を大切にしたくなる本の最高峰である。
10 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:17:14.56 joBFAAzS0.net
>>8
いやお前冒頭以外読んでねえだろって言うような紹介文だな
12 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:19:58.74 4k18k6bY0.net
>>8
文学に自信ニキからするとこれ正しいの?
適当こいてるようにしか見えないんやが
13 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:21:09.91 joBFAAzS0.net
なんかTwitter上で調べてみると
文学の自由さの象徴かのように持て囃されてたりするみたいやな
16 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:23:37.23 BJvszYx/p.net
純文学とかカッコつけてるだけやろ
20 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:25:28.23 joBFAAzS0.net
>>16
純文学って何なんやろな
文学と違うんか
23 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:26:41.38 kkEyV5cw0.net
>>20
身内に迷惑かけるのが純文学や
36 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:30:00.80 joBFAAzS0.net
>>23
それは作品の内容が?作者が?
43 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:31:34.30 kkEyV5cw0.net
>>36
どっちもあり
54 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:33:20.21 joBFAAzS0.net
>>43
30 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:28:42.53 ja9L8Pcra.net
>>20
「極めて文学的 = 純文学」だから文学
37 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:30:24.38 joBFAAzS0.net
>>30
ますますわからなくなった
50 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:32:45.46 ja9L8Pcra.net
>>37
ストーリーに起伏もどんでん返しもないのに読んでて面白けりゃ文学扱いでいいと思う
ある意味日常系ラノベとかは文学的
63 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:36:14.58 joBFAAzS0.net
>>50
なんというかこう
言葉遣いで魅せる感じか
太宰治の夏用の服もらったから夏まで生きていようと思ったみたいなああいうのか
69 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:38:03.47 ja9L8Pcra.net
>>63
そんな感じの認識でええと思うよ
もう純文学界隈も漫画やラノベ食って育ってきた作家増えてきてるし
文章表現で魅せられる = 文学的な作家
ってくらいザルな定義になってきてる
80 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:41:44.46 joBFAAzS0.net
>>69
ほー
21 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:25:33.69 YhgceuBoa.net
終身名誉ノーベル文学賞候補さんかと思ったけどちゃうんやな
22 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:26:03.60 pRkWcuVHp.net
作者自身はこの作品が一般的な文学論と照らし合わせると構成から文体まで滅茶苦茶なのは認めとるで
その上でそういったことに拘らなくても人の感情を揺さぶることができる、小説の面白さはそこだけじゃない と言ってた気がする
25 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:27:22.17 o4td/GyW0.net
>>22
怪文書は人を惹き付ける力を持ってるしな
29 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:28:02.26 joBFAAzS0.net
>>22
それは意図して最初からそうしたん?
それとも適当に書いて後付でそういうことにしたん?
39 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:30:41.09 ja9L8Pcra.net
>>29
保坂はあえて意味不明なこと書いたりするタイプの作家だし意図的ではあると思う
48 :風吹けば名無し 2021/03/19(金) 08:32:14.58 joBFAAzS0.net
>>39
なるほどもともとそういう芸風なんやな
サンガツ